【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」

『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。
デッカードが恋人の女性レプリカント《人造人間》と共に姿を消してから17 年後、2036 年の世界。そこでは、レプリカントの新たな創造主となる科学者ウォレス(ジャレッド・レト)が、<巨大な陰謀>を目論んでいた――

『ブレードランナー』を監督した“SF 映画の巨匠”リドリー・スコットの息子、ルーク・スコットが監督を務めた短編を公開!

映画『ブレードランナー 2049』

日本映画の予告編&クリップ: https://goo.gl/z7qfOP

是非チャンネル登録と通知よろしくお願い致します。
チャンネル登録はこちら↓
https://goo.gl/8MWZsz

★FILMISNOW★
最新洋画予告編、ムービークリップ、ムービーシーン、レビューやインタービューなど常に掲載!

(Visited 24 times, 1 visits today)

LEAVE YOUR COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *